VTI(米国ETF)米国の株式市場のほぼ全てを網羅した安定のETF


米国株長期投資に断トツでお勧めのVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の解説だ。

 HIRO 
長期保有に超お勧めのETFだ!
  • 『米国株を始めてみたいけど、どの銘柄を買えばいいのか分からない・・・。』
  • 『長期的に資産を増やせる株はどれなんだろ・・・?』

そういった悩みを解決する記事だ。

この記事を書いているワタシはサラリーマン投資家で米国株投資歴は7年目。

年間利回り20%ほど。

ポートフォリオを鉄壁の長期保有銘柄で固めつつ、多少リスクを取ってブーム株へ投資して利回りを上げている。

VTIってどんな銘柄?

VTIはバンガード社が提供しているETF(上場投資信託)だ。

ETF(上場投資信託)というのは、

 HIRO 
日経平均株価やTOPIX、ダウ平均などの株価指数に連動するように運用される投資信託のことだ。


通常の投資信託とは違って株式市場に上場しているため、株式と同じようにリアルタイムで取引できる!

VTIを買う=米国市場に投資する

VTIのETFとしての最大の特徴は、米国市場のほぼ全体をカバーすると言うこと。

約4000社ほどの銘柄で構成されている。

例えば、

・アップル
・マイクロソフト
・アマゾンドットコム
・フェイスブック
・グーグル
・テスラ

こういった誰もが知る大型株から、日本人だとほぼ聞いたことが無いような超小型銘柄まで幅広く網羅しているぞ。

分散投資はリスクヘッジの基本だ。

このETFを購入するだけで、4000社に分散投資をすることになる。

ものすごいリスクヘッジが同時にできる優れものだ。

VTI株価推移

2022年は大幅に下落しているものの、完全に上昇トレンドだ!

もし10年前にVTIを買っていれば、今価値は約4倍だ。

100万買ってホッタラカシにしておいたら400万円になってるってこと。

コロナショック時は大きく値を下げているが、見て分かるようにすぐに回復後に成長を続けていることが分かるだろう。

今年の下落については、

  • 2021年に実態よりも上がりすぎたことと
  • 利上げ
  • 戦争

と言った要因で株式市場から資金が逃げているから。

でもこれらの不安要素はいずれ解消される。

すでにVTIなどの長期保有銘柄を持っている人は、慌てて狼狽売りなどしないように気をつけよう。

手数料が安い!

ETFは他の株と同じように取引が出来ると言っても、投資信託なので、信託報酬と言う手数料がかかる

ただし、たったの0.03%だ。

日本の投資信託では約10倍の3%ほどかかることからも手数料としては非常に割安と言える。

年間利回り10%程度なので、このくらいの手数料は影響は無いと言っていいただろう。

VTIの今後の見通し

VTIは米国株式市場の全体に投資すると言うこととほぼイコールだ。

つまり、VTIの株価=米国株式市場のトレンドだ。

米国市場が今後どうなっていくか?というと、

コロナ対策でバイデン政権のお金ばらまき政策で下支えされている状況はいつか必ず元に戻る。

徐々に市場に投入される資金は絞られるので、恐らく経済の減速はあると思われる。

ただし、長期的に考えると米国市場はやはり力強く成長していく。

米国市場が拡大して行くと考えられる理由

20年くらいの長期スパンで見ると日本の株式市場に比べて米国市場は10倍の成長率。

経済力、株式市場の成熟性、人・モノ・金の集まり方、が世界一だ。

市場が拡大していくか?は人口が増えていくかどうかも重要。国の人口が多いということは、それだけ国内の需要が大きいからな。中国が典型だ。

米国は先進国ではめずらしく人口が増加している国だ。これも米国株の将来が明るい理由の一つ。移民も受け入れてるところもプラスだ。

まだまだ株価も上がっていくだろう。

まとめ

・VTIは米国市場全体に投資するETF(上場投資信託)
・GAFAMなどの超大型株から中小株まで幅広く組み込まれていて、4000社近くに分散投資
・設立以来株価が長期で上昇を続けている、超優良金融商品
・米国市場は長期的にこれからも伸びていくので、VTIの未来も明るい

P.S

米国株を始めたばかりでまだまだ不安な人や、とにかくリスクは低くして投資していきたい、って人にはお勧めの銘柄と言うことが分かってもらえただろうか。

我々は日本人なので、日本の企業を応援したいという気持ちはあるし、投資先も聞いたことのあるなじみのある企業へ投資する方が何となく安心感があるかもしれない。

でも、残念ながら日本経済がこれから上向いていく要素はほぼ無いと言っていい。本当に残念だし目を背けたくなるが、現実だ。

経済が成長するために必要な人口数の低下。

給与は上がらず税金だけ上がり続けて所得が下がる一方

東南アジアにも給与で迫られているくらいだからな。。。

だからと言って悲観するばかりじゃない。

個人で稼いで資産を作ればいいんだ。

そのために、成長していくことが約束されている市場に投資すること。

それはやっぱりアメリカだ。

アメリカ以外の先進国は投資には不向き。
経済的に満たされていくと人は子供をあまり作らなくなり、高齢化に進んでいく。
これってどこの国でも同じこと。
そうすると経済成長が鈍化する。
そんな中でアメリカだけが先進国であって人口が増加す続けると予測されているからな。

長期的な資産形成に米国株投資がおススメな理由を解説した記事も書いてるからぜひ読んでほしいぞ。

米国株式投資がおススメな理由を3つにまとめてみた。[資金が5万以下でもOK!]

【寿命を味方にする安心の投資法】キミの老後2000万円問題を救う

ちなみに私はLINEもやっており、時事的な情報を発信しています。

内容は、

  • 初心者向けの投資戦略や投資マインドについて
  • 今後の上昇分野や銘柄情報(分析付き)
  • 株価10倍!の候補銘柄

などなど・・・ブログでは伝えきれない情報を配信します。

例えばこのような感じです。

登録してメッセージをくれた方には(スタンプだけでもOK)

今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。

インフレにも非常に強く、今年の私の主力銘柄の一つです(^^)

5秒で登録完了。

いつでも解除できるので、

この銘柄情報だけでも読んでみて下さいね。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

https://lin.ee/xqmVRrQ

  • これから投資を始めようとしている方
  • 初心者の方
  • 投資を始めているけどうまくいっていない方

そう言った方に向けて私の投資知識をこちらにまとめています。

ご興味あれば、ぜひ立ち寄ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です