Netflix vs. ディズニー: 真のコンテンツ王はどちらのストリーミング株か?


スナフキン
今日は、ストリーミングサービスで有名なネットフリックスとディズニーのどちらが米株投資で優位かという話だよ。

この記事のキーポイント!

✓ 人気のある Netflix オリジナル作品の多くは、実際には社内で制作されてない。

✓ そして、これらのシリーズの多くは、競合する Disney+ に移行した。

✓ 自社コンテンツの制作を増やすことで、Netflix はより強い立場に立つことができる。

ネットフリックスがコンテンツを失ったことで、ディズニーは利益を得た

ネットフリックス(ティッカー:NFLX)は2022 年前半に 100 万人を超える加入者を失ってしまった。

株価もこのように60%を超える下落率・・・!

Netflix のオリジナルコンテンツは安全に見えたけど、同社のコンテンツの多くが、ほとんどの人が認識しているよりも危険な可能性がある。

具体的に解説していくよ。

ネットフリックスは負け、ディズニーは得をする

2015 年 4 月、Netflixはマーベル コミックを基にしたオリジナル シリーズのデアデビルを初公開した。

その後、ネットフリックスは、ジェシカ・ジョーンズルーク・ケイジアイアン・フィストパニッシャーなど、いくつかの追加のシリーズをリリース。

ヒーローを結集させたThe Defendersという適切な名前のストリートスタイルのアベンジャーズシリーズで最高潮に。

Netflix は、ニューヨーク市を拠点とする番組のために大規模なファンベースを構築していたんだけど・・・。

 スナフキン 

その後、2018 年後半に、ファンをがっかりさせて、シリーズを 1 つずつ中止し始めた。

番組の中止は、2019 年 11 月にディズニー のストリーミング サービスである Disney+が開始する直前に起きたよ。

Disney+サービスは この直後の2020年にの3 月に開始された。

この動きは、大手スタジオと共同でオリジナル作品を制作するというNetflixの過去のスタイルがもはや通用しないことを示しているよ。

さらに、7 月 24 日、ディズニーのMarvel は、 2024 年春にプレミアが予定されている「 Daredevil: Born Again 」というタイトルの新しい Disney+ ショーとともに、今後のリリース内容を発表。

これはNetflixシリーズに出演していたもの・・・!

Netflixに配信されていた人気コンテンツがNetflixで中止され、Disneyで配信され始めるんだから、そりゃお客さんは移っていくよね(汗)

 スナフキン 

Netflixが中断したところからストーリーがどれだけ続くかは不明だけれど、ショーはすでに2015シリーズのファンから多くの興奮を集めているね。

『デアデビル』のストーリーを続ける中で、ディズニーは、Netflix がメインストリームに持ち帰った世界を基に構築することができる。

一方、Netflix は、コンテンツの損失が拡大するにつれ、苦戦を続けてるよ。

多くの Netflix のコンテンツが危険にさらされている

2015 年以降、Netflix のコンテンツ ライブラリは 35% 縮小し、映画ライブラリは 55% 小さくなっててる。

特に、2020 年以降はFriendsThe Officeなどの人気番組の中止が大きく報道された。

これね。

そして今、2022 年にクリミナル マインドの配信が終了。。。

 スナフキン 

これで、Netflix は 3 年連続で最高の成績を収めた番組を失った。

これらの損失は、進行中のストリーミング戦争を考えると驚くことじゃないかもしれないね。

でも、僕ら投資家は、どれだけ多くの Netflix のコンテンツが危険にさらされているかを認識した方がいい。

同社には、主要なスタジオと提携してコンテンツを制作してきた長い歴史がある。

最初のオリジナル シリーズである 2013 年のHouse of Cardsは、同社のオリジナル コンテンツへのベンチャーを開始した。

でも実際にはソニーが配給権を所有してるんだよね。

日本の会社はまだストリーミングサービスの開発に関心がなくて、現在Netflixに多くの新しい映画のストリーミング権を与える契約を結んでいるからこう言ったことは結構ある。

 スナフキン 

でもそれはSonyが将来競合する動画配信プラットフォームを立ち上げないというって意味じゃない。

もしソニー独自に配信サービスを作り始めた場合、Netflix は、コブラ カイブラッドライン、大ヒット ザ クラウンなど、主要なオリジナル シリーズを失う可能性がある。。。

さらに、ディズニーワーナー ブラザーズ ディスカバリーなどの企業が独自のコンテンツを制作および配信しているのに対し、Netflix は制作を外部のスタジオに依存することが多い。

これが強烈な弱点になってしまっているということだね。

その結果、会社のコンテンツは、

  • 権利が完全に他社にあって複数の動画配信サービスで見られるコンテンツ
  • 他社がライセンスは持ってるけどNetflixでしか見られないコンテンツ
  • 真のオリジナル
 スナフキン 

この3つに分類される。

YouOrange Is the New Black などの人気のある Netflix シリーズは、実際にはライセンスは他社にあるので、いつか削除される可能性がある・・・。

Netflix はコンテンツをどのように保護できるか?

Netflix は、コンテンツの規模で勝負して大きくなった会社。

でもそのビジネスモデルから離れ、ライセンス契約からコンテンツ制作に焦点を移す必要がある。

これをやらないと本当に負ける。

HBO Max や Disney+ などのストリーミング業界の主要プレーヤーは、映画やシリーズの膨大なライブラリを所有しているという利点があるんだよね。

 スナフキン 

Netflix は 2013 年にコンテンツ制作に移行したばかりであり、やるべきことがたくさんある。

自社制作のコンテンツは、スタジオからライセンスを取得するよりも多額の投資が必要になる可能性があるけれど、長期的には Netflix にとってより良いものになると考えられる。

Netflixは数年ごとに制作会社との契約を再交渉することでお金を節約し、そのコンテンツを完全に管理する。

こうすることで、消費者がお気に入りのタイトルがNetflixというサービスに残ることを信頼できるため、加入者の満足度が向上するってわけだね!。

Netflixが次にStranger ThingsSquid Gameのレベルでヒットをリリースするとき、投資家はその制作の起源を知る必要があるね。

シリーズが本当に Netflix のオリジナルである場合、同社はコンテンツのニーズに対して正しい軌道に乗っていることになるよ。

 スナフキン 

そしてその情報をもとに、ストリーミングサービス企業への投資を行なった方がいいね!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

良い投資を!

おまけの旅写真

カンボジアのアンコールワットの夜明け

自分の人生を変えてくれた旅だったよ。

ちなみに僕はLINEもやっており、

Twitterでは書ききれないけどブログよりも短くサクッと読める時事的な情報を発信してるよ。

例えば以下のような情報を発信してます。

  • 今仕込めるテンバガー候補銘柄とは(テンバガーとは将来株価が10倍という意味)
  • インデックス投資以上に飛躍的に利益を出す方法
  • インデックス投資の落とし穴って?
  • 今年の相場でやってはいけない投資とは
  • 下落相場でも儲かる投資先
  • 投資の種銭の増やし方
  • 本当はすごいあなたの潜在能力の引き出し方

スナフキン
などなど・・・ブログでは伝えきれない、ムーミン谷の投資情報を発信してます。

登録してメッセージをくれた方には(スタンプだけでもOK)

今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。

インフレにも非常に強く、今年の僕の主力銘柄の一つです(^^)

5秒で登録完了。

スナフキン
いつでも解除できるので、この銘柄情報だけでも読んでみてね。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになってるよ。

https://lin.ee/xqmVRrQ

初心者の方向けに僕の投資知識をこちらにまとめています。
ご興味あればぜひ立ち寄ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。