【寿命を味方にする安心の投資法】あなたの老後2000万円問題を救う





 HIRO 

こんにちは、HIROです。

老後2000万円問題を覚えてます?

これは、将来の事をちゃんと考えて生きて行けよ?っていう警告だよね。

それどころかはっきり言って、2000万円程度の預金だけだったら死ぬまで働かないといけない

解決するためのキーワードは、 

寿命を味方にした株式投資

これだ!。

20年あれば十分。今30~40才だったら悠々自適な老後を過ごせるよ。

そもそも2000万円じゃ足りない。死ぬまで働く気か!?

そもそもなんだけど、この2000万円って金額。

これは65才でリタイア、そのあと平均寿命まで生きる。

これが計算の前提となっているんだよね。

 HIRO 

しかし実際には何歳まで生きるかなんてわからん・・・。

最近は“人生100年時代”なんてことも言われていて、こんな風に日本人の平均寿命は伸び続けてる。

内閣府HPより

ただ、この平均寿命ってのは、80年以上前に生まれた人の寿命から予測してるんだよね。

 HIRO 

僕らはは子供のころからずーっと食べるものや衛生や医療が良かったから、もっともっと長生きするよ。

つまり、老後に必要なお金はこれから増えていくってこと。

そして、

2000万円で足らなかったら70,80才になってからも働かないといけない。

でも預金には金利と言うものがあるよな?2000万円も預けていたら増えるんじゃないのか・・・?

そう思いません?

預金してもお金は増えない・・・むしろ減る・・・(泣)

貯金しても残念ながら増えないんだよね。

「0.002%」

この数字何か分かります?

2020年に全国87の地方銀行・第二地方銀行が一斉に引き下げた、「定期預金の金利」の数字です。

超絶低金利。ゼロと変わらない・・・!

 HIRO 

引き下げ前も金利は0.01%だったから、もともと銀行に預けててもお金は増えなかったんだけどね。

バブルと呼ばれた時代には、定期預金に預けるだけで、5〜6%の利息がついていたのに。(なんて羨ましい時代・・・)

今は100万円預けてたとしても、年に一回でもATMなどで手数料を払ってしまったら、確実にマイナスになってしまう。

ということで結論は、

あなたのお金を銀行に預けたままにしておくメリットはない!全くナシ!

 

”お金に働いてもらう”という考え方を持とう

ここまでで、

  • 老後に必要なお金は2000万円より増えていく。(僕らは今の平均寿命より長く生きるから)
  • 銀行に預けたってお金は増えない。(むしろ手数料で減る)
  • そうすると死ぬまで働かないといけないかもしれない。

と話したよね。

じゃあどうしたらいいのか?が気になるところかと思います。

 HIRO 
まず、

「お金を貯めておく」

という発想から

「お金を運用して増やしていく」

という考え方に変えていく必要がある。

実は、資産運用においては

 

「時間は最大の武器」

 

と言われております。


つまり、寿命が延びるなら、お金はより増やすことができる。ということだね。

なぜならば、「複利の効果」というものが期待できるから。

 HIRO 
これを使うと30年後のあなたの資産は10倍にすることができる!

どういうことか?今から解説しますね。

複利効果を狙った株式投資で気づいたら資産が何倍にもなる!

複利の効果ってのは、簡単に言うとこういうこと。

  1. あなたが元々持っているお金に利息が付く
  2. (元々持っているお金+利息)にまた利息が付く
  3. これが繰り返されて雪だるま式に増えていく

かの有名な天才物理学者のアインシュタイン
「人類最大の発明」
と言ったほどのモノ。

 HIRO 
ここで、株式投資を例として

簡単な複利効果のシミュレーションをしてみようか

HIROは利回り10%程度の株式を長期に保有するスタイルを推奨しているので、(利回り=利息として読んでくれ)

設定利回りは10%。

あなたの初期投資額は1000万円とします。(こんなに無くて大ジョブ。ただの例だからね。)

ただ銀行に預けているだけの場合

年利0.002%だから、

30年後に1000万円+61万円で1061万円となっている計算になる。

30年でたったの61万円・・・。そう思いました?

次に複利10%の場合

1年目:1000万円×10%=100万円

2年目:(1000+100)×10%=110万円

3年目:(1110+100)×10%=121万円

・・・

10年目で2593万円。

どうです?

ただ預ける場所を変えるだけで、ですよ。

 HIRO 
でも、
『思ったよりたいしたことないな』
って思ったそこのあなた。

しかし!

20年後だと、6,727万円

30年後だと、1億7,449万円

こうなる。

どう?さすがにエッって思いません?

そう、時間が経つほど雪だるま式に増えるわけ。

 HIRO 

ウソみたいだが、完全に事実です。

 

これが複利効果で寿命を味方に付けた投資戦略

 

ここまでで複利の意味を理解してもらったと思うので、もうちょっと現実的な例でイメージを具体的にするため前提を以下とするね。

  • 自己資金0円
  • 利回りは7%(一般的に言われている株式の平均利回り)
  • 毎月4~5万円の積立投資を続ける。

20年経てば、ただ預金しているだけにくらべて、2倍の資産になっている。

30年なら3.3倍。額にして3500万円だ。ものすごくない?

子供に家をポンと買ってあげられるか、そうでないかくらいの差が出るってことだ

ここまで解説してきたように、資産は元本×利回り×年数で決まる。

つまり、できるだけ長い期間お金を働かせることが重要ということだね。

 HIRO 
「20年って長いなー」と思うかもしれない。
でもな、
資産運用をしてもしなくても、20年という時間は経ってしまうんだ。

であれば、、これからの20年間を「複利」を味方につけて過ごす方が良いと思わない?

その株式投資戦略のポイントは・・・っ?

これは時間をかけた戦略なので、

  • 大きすぎるリターンを狙わないこと(高くても10%程度)
  • 長期に渡って存続する企業の株を買う
  • 買ったら売らない

この3つが重要なんだ。

 HIRO 

1年以内に2倍、3倍、10倍!なんてリターンを狙いたくなる気持ちは分かる。
一獲千金を夢見てそっちに行ってしまう人多いね。

もちろん個人の自由だけれど、まず銘柄の選定でかなりのリスクを負う。

どの銘柄が短期的に株価上がる可能性があるかなんてわからない。

短期売買の銘柄情報はプロトレーダーから情報買ってもほとんど当たらないよ。

仮に上がったとしても、いつまで上がって、いつ下がり始めるかは誰にもわからないから、売買のタイミングのリスクもとても高い。

これで勝ち続けるのはプロの投資家でも難しい。

ましてや株式投資の初心者が手を出すと、株式市場にとっていいカモとなってしまう。

さらに、こういったいわゆる投機は必然的に1週間~数か月くらいの短期の売買になる。

なので、企業情報の収集、株価に影響する社会情勢、業界情報、株価チャートの監視など、毎日毎日やることがたくさんある。

 HIRO 

超大変!全くもって初心者に不向きです。

なので、

10年20年、そして30年後も安定して存続しているであろう安定した企業を選んで、利回りが7〜10%程度を狙うこと。

これが広く勧められる投資の基本戦略。

こういった企業は実はたくさんあるんだよ。

さらに、

買ったら売らない。買ったことを忘れるくらいでちょうど良い・・・!

これが最も重要なポイント。

このマインドがあれば短期で一攫千金といった夢は無いが、

長期的な資産UPが狙える・・・!

 名前 

こういった、保守的な投資戦略があなたの老後という未来を最も明るく照らしてくれるよ。

それでは良い投資を!

高いリターンを得られることを祈っております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに私はLINEもやっており、時事的な情報を発信しています。

内容は、

  • 初心者向けの投資戦略や投資マインドについて
  • 今後の上昇分野や銘柄情報(分析付き)
  • 株価10倍!の候補銘柄

などなど・・・ブログでは伝えきれない情報を配信します。

例えばこのような感じです。

登録してメッセージをくれた方には(スタンプだけでもOK)

今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。

インフレにも非常に強く、今年の私の主力銘柄の一つです(^^)

5秒で登録完了。

いつでも解除できるので、

この銘柄情報だけでも読んでみて下さいませー。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

https://lin.ee/xqmVRrQ

  • これから投資を始めようとしている方
  • 初心者の方
  • 投資を始めているけどうまくいっていない方

そう言った方に向けて私の投資知識をこちらにまとめています。

ご興味あれば、ぜひ立ち寄ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。