Visa(V)実はテンバガー株!圧倒的な先行者利益を持つキャッシュレス決済のリードカンパニー!


世界中のキャッシュレスネットワークの中心に位置する企業、Visa(ビザ)の銘柄分析だよ。

 スナフキン 
高配当銘柄ではないけれど、業界の支配者的な企業なので長期的に資産UPしてくれる可能性の高い銘柄だよ。

Visaの株価推移

これは2008年からのデータだけど、長期で見ると完全に上昇トレンド。

Visaは2008年に上場した銘柄。

その当時に購入していれば、株価は10倍以上になったテンバガー株ということ!

S&P500のETF(米国市場平均平均)とここ5年で比較しても・・・

完全にアウトパフォームだね。

Visaは死角のない銘柄と言えるよ。

その理由を解説していくね。

Visaってどんな企業?

Visa(ビザ、ティッカー:V)は、決済技術(決済サービスや決済ネットワーク)を提供するテクノロジー企業

1958年にバンク・オブ・アメリカがBank Americardを発行したところから始まっている。

その後、1976年にVisaに社名を変更した。

VISAは国際ブランドでシェアトップ独走

Nilson Report
 スナフキン 
世界中で先行者利益を築いていて、この圧倒的なシェアは今後も揺るがない。

UNIONPAYは中国のブランド。

ここ最近シェアを伸ばしてきていて、中国国内ではシェアは圧倒的。(というか、中国政府がUnionPayしか使えないようにしている)

しかしそのほかの地域でのシェアは低いので、事実上はVisaとMasterCardの2強なんだよね。

ちなみに、Amex(アメックス)は有名なステータスカードだがシェアは2%程度と意外に低い!

日本の国産カードブランドであるJCBに至ってはわずか1%のシェアだ。

Visaの業績

打ち上げ高はほぼ右肩上がり。

平均で年率10%を超えるペースで成長し続けていて、営業利益率は売上高の3分の2に相当する驚異の50~60%台をキープしてる。

信じられない数字だよね。

 スナフキン 
クレジットカードが利用されればされるほど業績が伸びるシンプルなビジネス構造だからね。

コロナをトリガーにしたデジタル化の流れも後押しししたね。

 スナフキン 
株価も5年で4倍。

年初からの株価下落したものの、それでも現在PERはまだ31(2022/7時点)と、Visaは常に割高な水準。

それはこの企業に死角が無いから。

正直、現在の株価下落はかなりお買い得と思う。

キャッシュフロー

これまた右肩上がりと言っていいね。

Visaは決済サービスや決済ネットワークを提供する企業なので設備投資がほぼかからないので莫大なフリーCFを生み出している。。

EPS

これは1株当たりの当期純利益」。

当期純利益は、その期間中の売り上げからすべての費用を引いて残った、

「最終利益」

のことね。

ほぼ、右肩上がりで文句なしのレベル。

配当性

Visaは2008年に上場していて、それ以降毎年増配をしている。

つまり連続増配年数は12年になる!

自社株買い状況

株主を大事にする会社と言うのは、

一度発行した株式を自社で買い戻して流通する株式量を減らすということをするよ。

PGはどうかというと、ご覧のように、文句なし。

青の棒が市場に流通するVの株式の数。

赤棒がその年にVが自社株買をして、市場流通量を減らした数だよ。

 スナフキン 
毎年自社株買いをしている、株主還元性の高い企業だね。

まとめ

  • 業績は完全に右肩上がり。
  • キャッシュフローは安定して莫大が額で右肩上がり。

唯一、配当性だけ増配はし続けているものの、配当金は少ない。

配当金は長期保有に非常に重要な要素で、Visaは高配当銘柄とは言えないけれど、

先行者利益と強固なビジネス基板で今後も長期に渡って株価の上昇が見込める銘柄と言える。

決済インフラの大元を抑えているからね。

2015年のデータだけど、キャッシュレス化は世界的に見てもまだまだ成長の余地がある。

経済産業省-キャッシュレスビジョンより

VISAは良くマスターカードと比較されるけど、2社とも非常に成長性が高くて利益率も高いよ。

ここまで説明してきたように売り上げは世界中で伸びていて、成長が鈍る可能性は低い。

アマゾンやアリバなどのネット小売り企業が決済システムに進出してきて、クレジットカード会社の牙城を崩しに来る可能性はある。

このクレジットカードのビジネスモデルは仕組みを一度作ってしまえば放っておいても人が使ってくれて手数料がチャリンチャリンと入ってくるものだね。

プラットフォームを支配するのは最も効率的と言っていいビジネスモデルなので、他社が指をくわえてみているとは思えないので、恐らく営業利益率は長期で見ると鈍っていくと思われる。

だだし、VISAとMastercardは十分すぎるほどの先行者利益を築いていて、そう簡単にはその牙城(シェア)は崩されない。

投資家はそれが分かっているから、株価は常に割高な水準。

いつ買ってもいい銘柄だけど、金融危機に敏感な分野ではある。

今みたいに米国株価全体が下がる事態が起きているときこそ、超お買い得銘柄だよ。

長期的にはほぼ確実に株価が戻ってくることが分かっているからね。

短期的にはもう少し下がるとはスナフキンは思うけどね。

 スナフキン 
最後まで読んでくれてありがとう!
この記事が役に立つと嬉しい。
読んでくれたあなたが世界で一番幸せになるように祈っております。

ちなみに僕はLINEもやっており、

Twitterでは書ききれないけどブログよりも短くサクッと読める時事的な情報を発信してるよ。

例えば以下のような情報を発信してます。

  • 今仕込めるテンバガー候補銘柄とは(テンバガーとは将来株価が10倍という意味)
  • インデックス投資以上に飛躍的に利益を出す方法
  • インデックス投資の落とし穴って?
  • 今年の相場でやってはいけない投資とは
  • 下落相場でも儲かる投資先
  • 投資の種銭の増やし方
  • 本当はすごいあなたの潜在能力の引き出し方

 スナフキン 
などなど・・・ブログでは伝えきれない、ムーミン谷の投資情報を発信してます。

登録してメッセージをくれた方には(スタンプだけでもOK)

今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。

インフレにも非常に強く、今年の僕の主力銘柄の一つです(^^)

5秒で登録完了。

スナフキン
いつでも解除できるので、この銘柄情報だけでも読んでみてね。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになってるよ。

https://lin.ee/xqmVRrQ

初心者の方向けに僕の投資知識をこちらにまとめています。
ご興味あればぜひ立ち寄ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です