投資をするなら必ずNISAの制度を活用しよう。NISAに適した証券口座とは?


NISAは短期的な投資向けの投資非課税制度

NISAを活用することで株式や投資信託で得た運用益や売却益が非課税となるよ。

画像

NISA口座で投資信託や株式を購入すると、売却益に対して非課税になる。

NISAのメリットは以下の通り。

画像

①非課税枠が120万円と大きい

NISAやつみたてNISAの口座には年間に投資できる額の上限が設定されてる。

つみたてNISAは年間40万円までしか投資ができないけれど、NISAであれば年間120万円まで投資をすることができる。

短い期間の間に、より多くのお金を投入できるのがNISAのメリット。
また、短期間に資金を多く投入できるため短期的な一括投資に向いているよ。

②一括投資が可能

つみたてNISAは積立投資しかできない。
一方で、NISAであれば一括での投資も行うことができる。
ある程度お金に余裕があり、まとまったお金を投入して投資を行いたい方にとって大きなメリットになるってことだね。

③対象商品が幅広い

NISAは幅広く商品選択をすることが可能。

特に、NISAでは個別企業の株式に投資をすることができるよ。
つみたてNISAで選択できる商品には個別株式は存在しないため、この点は大きな違いと言えるね。

④引き出しが自由

iDeCoと違い、NISAでは運用している商品をいつでも引き出すことができます。急な事情でお金が必要になったときでも安心。

NISAではこうした特徴があるために、短期的に投資を行いたい方に向いている。

「手持ちの余裕資金で投資にチャレンジしたい」

「個別株の売買で利益を得たい」

こうした要望をお持ちの方に最適。

オススメの証券口座は?

大手3社と最も取扱銘柄が多いサクソバンク証券の4つを並べて比較したのがこちら。

サクソバンクは残念ながらNISA口座がない。

残りの3社の中では、マネックス証券がオススメ。
理由は、単元未満株の取り扱いがあるからだよ。

これは日本株が対象の場合だけど、大きなメリット。

ただ、今米国株投資をしていていも、必ず米国株相場よりも一時的にせよ日本株に世界の投資資金が集まる時期が来る。

そういった日本株投資のブームの時期が一定期間ごとに来るので、それを見越して証券口座は開いていおいた方がいい。


これは短期投資する上で非常に意味ある。

1株から投資ができるマネックス証券を開設しておこう。


楽天証券などはこれができないから要注意!

その他マネックス証券の特徴をまとめたよ。
1)主要ネット証券最安水準の手数料!
2022年3月22日(火)約定分より、日本株の取引毎手数料コースにおける、現物手数料を変更。
それにより、主要ネット証券最安水準の手数料となっている。

 主要ネット証券(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券)にて比較。

2)クレカ積み立てのポイント還元率が、主要ネット証券で最大の1.1%
投資信託の積立をマネックスカードで決済すると、還元率1.1%で「マネックスポイント」が貯まる。
マネックスポイントの還元率は、クレジットカード投信積立サービスのうち、主要ネット証券で最大の1.1%。

 主要ネット証券(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券)にて比較。
(ポイント還元率についてはゴールドカード・プラチナカードは除くスタンダード(通常)カードで比較。
 auカブコム証券、松井証券はクレジットカード投信積立サービスはない)

3)ワン株の買付手数料が無料!
ワン株(単元未満株)なら、1株から購入可能なため、まとまった資金がなくても投資デビューできる!
さらに、マネックス証券のワン株の買付手数料は、主要ネット証券で唯一の無料!

4)投資信託の購入時申込手数料はすべて無料
すべての投資信託の購入時申込手数料が無料(ノーロード)。
また、ほとんどの投資信託は100円から購入できるので、まとまった資金がなくても、手軽に資産形成ができるよ。

開設はこちらからどうぞ

マネックス証券

NISAは今後拡大していく制度

税制改正としてNISA制度の拡充と恒久化が発表された。

  • NISA制度は恒久的な措置とする
  • 年間投資上限額が拡充。つみたて投資枠(従来の積立NISA)は40→120万円、成長投資枠(従来の一般NISA)は120→240万円となって、この2つは併用可能になる。
  • 非課税限度額は合計で1,800万円、うち成長投資枠分では1,200万円
  • 従来の一般NISA、つみたてNISAは23年度で終了。ただし、別枠で現行の取り扱いを継続。

このようにNISA制度がより使いやすく、拡充しているので短期トレードをする場合はNISAを必ず活用していこう。
その際、マネックス証券を利用することで、単元株が買えるので投資対象が広がるからね。

マネックス証券

投資で利益を上げていくには優良な銘柄情報や、相場に合った投資戦略が不可欠。

質の高い情報源を持っておいた方がいいよ。紹介しておきます。

今なら無料で銘柄分析つきのレポートがもらえるようだよ。

年に24回の配当金が振り込まれる超高配当投資に興味がある人はこちらをどうぞ!

ちなみに僕はLINEもやっており、

Twitterでは書ききれないけどブログよりも短くサクッと読める時事的な情報を発信してるよ。

例えば以下のような情報を発信してます。

  • 今仕込めるテンバガー候補銘柄とは(テンバガーとは将来株価が10倍という意味)
  • インデックス投資以上に飛躍的に利益を出す方法
  • インデックス投資の落とし穴って?
  • 今年の相場でやってはいけない投資とは
  • 下落相場でも儲かる投資先
  • 投資の種銭の増やし方
  • 本当はすごいあなたの潜在能力の引き出し方

スナフキン
などなど・・・ブログでは伝えきれない、ムーミン谷の投資情報を発信してます。

登録してメッセージをくれた方には(スタンプだけでもOK)

今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。

インフレにも非常に強く、今年の僕の主力銘柄の一つです(^^)

5秒で登録完了。

ヒロフキン
いつでも解除できるので、この銘柄情報だけでも読んでみてね。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになってるよ。

https://lin.ee/xqmVRrQ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です