先週仮想通貨の価格が暴落した理由


こんにちは。僕はムーミン谷の投資家スナフキン。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-62.png

今日は急落してる仮想通貨業界について。

先週は仮想通貨が大幅下落したよね。

この理由は、暗号資産(仮想通貨)の貸出業務を手掛けるセルシウス・ネットワークが13日に、口座からの引き出しと口座間の送金を停止すると発表したことが発端。

その次に、シンガポール拠点の仮想通貨ベンチャーキャピタル「スリーアローズ・キャピタル(3AC)」が、貸し手から不足した証拠金を出ように言われた場合に、債務超過になる可能性があることが報道されたことで、継続的な下落を生んでしまったんだね。

 スナフキン 
この2点が原因。

その結果、ビットコインは$ 20,000を下回り、イーサリアムは$1,000を下回ってる。

投資家はこの価格帯を下回ってしまったことを仮想通貨の重要な節目と見なしてるね。 

セルシウスネットワークの崩壊はなぜ起こったの?

CelsiusNetworkは暗号資産(仮想通貨)融資企業。

顧客の預金を運用して得た収益の一部を仮想通貨預金者に支払うことで、最大18.63%の年利を提供していたんだけど、下落相場を受け財務的困難に陥ってる。。

「極端な市場変動」を理由に突然顧客資産の引き出し、スワップ、口座間の送金の一時的停止を実施。

 スナフキン 
この崩壊は、積極的な利回りを追求しすぎたためとと言われてる。

セルシウスは、市場の他のどこよりも高い仮想通貨の利回りをユーザーに提供しようとしたんだけど、ルナとステークハウンドの崩壊で大金を失ってしまった。。。

結果、売りが増え、市場はパニックに陥ったというわけ。 

スリーアローズキャピタルの崩壊はなぜ?

それから、さまざまな仮想通貨に投資するファンドであるスリーアローズキャピタルの崩壊は、

ルナの暴落が原因。

その結果、最終的に会社がレバレッジをかけた取引の清算をしないといけなかったんだね。 

リスクが業界全体に波及した場合には、仮想通貨の価値が下がるにつれてリスクに直面しているファンドが他にも出てくるかも。。 

今後は?

ボラティリティがあること自体は、仮想通貨では正常なことって言っていいかもしれないけれど、今回起きてることはちょっと質が違う。

莫大な量の仮想通貨を保有していたグループが財政難に陥って、流動性がなくなったか、レバレッジが大きすぎたことが理由で、資産の売却を余儀なくされたんだからね。 

長期的に見れば仮想通貨は将来的な価値があるとは思う。

ただ、今起きてることは資産価値の長期的な下落を意味する可能性があるね。

市場でレバレッジと投機が減少するまで、僕らは価値の下落に直面する可能性がある。

しかし、長期投資家にとっては、かつてない買い場と言っていいかもしれないね。

ちなみに僕はLINEもやっていて、こんな感じの時事的な情報や、ブログでは書きにくいお得な情報をLINEで発信してるよ。

興味ある人は登録してみてね!

登録してメッセージをくれた方には(スタンプだけでもOK)

今の弱気相場でも下記のように上昇し続けているお宝銘柄情報をお渡ししています。

インフレにも非常に強く、今年の僕の主力銘柄の一つです(^^)

5秒で登録完了。

 スナフキン 
いつでも解除できるので、この銘柄情報だけでも読んでみてね。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになってるよ。

https://lin.ee/xqmVRrQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。