「空売り」って何?知っておいて損はないので解説してみた


 HIRO 
こんにちは!お悩み相談室のHIROだ!

株で利益を出すときってのはどんな時だ?

基本は株を買って、値上がりしたときに売却したら儲かるよな。

もう一つは、持っているだけでもらえる”配当金”や”株主優待”

この2パターンだ。

これが基本の株の儲け方だかが、実は株には『売り』から入る売買の方法もあるんだ。

 HIRO 
これを空売りって言うぞ。

名前だけは聞いたことがあるかもしれないな。

知っておいて損はないので、解説していくぞーっ!

この記事を書いているワタシはサラリーマン投資家で利回り20%以上だ。最大利回りは30%。年に2度ほど2~3倍株も手にしている。

 HIRO 
因みに投資の神様のウォーレン・バフェット氏もだいたい利回り20%だ。

ポートフォリオを鉄壁の長期保有銘柄で固めつつ、多少チャレンジングな短期に株価が上昇する銘柄でも利益を上げているぞ!

空売りとは

空売りっていうのは、株をまず売って、値下がりしたら買い戻すことで儲けるやりかただ。

株の売買で儲けるやりかたは2種類!

  • 安く買って、高く売る
  • 高く売って、安く買い直す

最初に売って買い直すって意味が分からないよな。持っていないのに売るってどういうことだ・・・?

 HIRO 
例えてみよう

  1. あなたがHIROに鉄アレイを借りる。(お礼にHIROにプロテインを一杯おごる約束をする)
  2. あなたが借りた鉄アレイを10万で売る。
  3. バーゲンで同じ鉄アレイを6万で買う。
  4. 鉄アレイを返して、プロテインをおごる。

これで差額の4万円からプロテイン代を引いた額があなたの儲けになるよな。

これが「空売り」だ。

実際にこんなことをやったら人間関係が終わってしまうが、株なら全く同じものを買い戻せるから大丈夫だ。

 HIRO 
株の場合は以下のようになる。

  1. あなた(投資家)が証券会社から株を借りる。(借りるときに手数料がかかる)
  2. 借りた株を売る
  3. 株の値段が下がったときに買い戻して証券会社に返す。
 HIRO 
実際に金額を付けると、、、

  1. あなた(投資家)が証券会社から株を10株(1万円分)借りる。(借りるときに手数料が100円かかる)
  2. 借りた株を10株(1万円)で売る
  3. 株の値段が下がったときに10株を5000円で買い戻して証券会社に返す。
  4. そうすると差額の5000円-100円=4900円が儲かる

こんな感じだ!証券会社には同じ株を同じ株数返せばいいからな。差額が利益になるというわけだ。

このように、借りた株を安く買い直したときに利益が出るから、株価が下降トレンドの時に利益を出すことができる。

空売りには信用口座が必要

ただし、空売りをするには普通に証券口座に口座を開くだけではできないぞ。

 HIRO 
『信用口座』という口座に新たに申し込みが必要だ。

空売りってのは最初にあなたに元手がない状態で株を借りれてしまう。

もし下降トレンドが逆転してこの株の価格が上昇してしまったら・・・?

それは損失を生んでしまうよな。

証券会社に同じ株数を決済期日までに返さないといけないので、その資金がない場合はジエンドだ。

ある意味、借金をして投資をしているのと同じなので、初心者が手を出すのは早い。

投資に慣れてから始めるようにしたほうがいいぞ。

メリットデメリットを以下に書く。

空売りのメリット

相場が下落している局面でも投資が可能

一般的に株価は上下の値動きがあるよな。

安いときに買って、高くなったら売るという現物取引だけだと市場の下落相場だと、相場が上がり始めるまで待たないといけないよな。

 HIRO 
この下落相場でも投資のチャンスにできることが、空売りのメリットだぞ。

空売りのリスク

空売りにはリスクがあるのも事実だ。

株価の急上昇(青天井)による損失

株価が下がれば下がるほど利益が出る空売りだが、株価が値上がりした場合は、上昇した分だけ損失になる。
株価は、どんなに株価が下がったとしても0円にしかならないが、株価上昇は仮に投機の状態に入ったら短期間で株価が急騰することもある。

株価は青天井(上限がない)から、損失の額も上限が無いと言える。

 HIRO 
例えば、下落すると思っていたのにこんな株価の動きをしてしまったら、膨大な損失になってしまうよな。

貸株料(金利)や逆日歩の負担

株式を借りてくる空売りでは、株式を借りるコストとして貸株料が発生する。

もし貸借する株式が不足した場合には逆日歩(品貸料)という費用も追加で発生するので、注意が必要だ。

まとめ

信用取引はよく危険だと言わる。

その理由は現物取引にはない自己資金以上の損失が発生するからだ。

上述したように損失が青天井になる危険性を持っているので、リスクを正しく理解して行わないといけない。

 HIRO 
個人的には、よほどの下落相場でなければ日常的に使う投資術としてはお勧めしない。

リーマンショックや、コロナショックのような全銘柄の下落が確実な状況で、しかも期間と下落幅を決めて行うのならOKだ。

以上!今回は少し短いがこの辺にしておこうと思う!

基本的には、ワタシは米国株式投資、それも「買ったら放ったらかし」の「バイ&ホールド」をお勧めしているぞ。リスクが少なく、万人が長期的に資産を構築できる可能性が最も高い戦略だからだ。

そのために10年・20年後もその分野をリードしているであろう永続的な企業銘柄を選ぶことが大切だ。

なぜに米国株投資をお勧めしているのかはこちらの記事をごらんあれ。

ちなみに私はLINEもやっており、

Twitterでは書ききれないけどブログよりも短くサクッと読める時事的な情報を週1で発信しております。

以下のようなメリットのある情報を発信してます。

  • 今仕込めるテンバガー候補銘柄とは(テンバガーとは将来株価が10倍という意味)
  • インデックス投資以上に飛躍的に利益を出す方法
  • インデックス投資の落とし穴って?
  • いかに未経験者でも資産を増やすか
  • 今年の相場でやってはいけない投資とは
  • 下落相場でも儲かる投資先
  • 投資の種銭はこうやって増やせ!
  • 本当はすごいあなたの潜在能力の引き出し方

などなど・・・

 HIRO 

投資相談もOKだ!

私は英語ができるので米国の投資顧問会社から有料の投資情報を複数取っていて、自分で分析を加えて投資をしている。

 HIRO 

LINEからメッセージをもらえれば今仕込むべき長期保有銘柄を分析情報付きでご紹介しているぞ。

LINEの登録はこちらからどうぞ

https://lin.ee/xqmVRrQ

 HIRO 
気軽にメッセージも送ってほしい。投資でも健康でも人間関係でもお悩みがあればぜひどうぞ。お役に立てると幸いだ 。

それでは、共に人生を素晴らしいものに変えて行こう!キミが世界で一番幸せになるように祈っている!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です